ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

好意

尾鈴農協に行くと組合長も畜産部の皆も、早朝から集まっていました。

初めは、ただ無言で顔を見合せるばかりでしたが、すぐに具体的な今後の対策、情報交換をしました。

勇気づけられたのは、鹿児島の経済連さんが、五目おこわを大量に送ってくださったり、製薬会社も無料で物資を提供してくれていることです。

厳しい事態は残念ながら進行中ですが、畜産農家も懸命の努力をしています。

何より心のケアが、一番大切なのを痛感します。
by taku-eto | 2010-05-02 20:33
<< タウンミーティング 苦悩 >>