ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

鳥インフルエンザ等家畜防疫対策本部

a0143152_18594648.jpg

これまで私は自由民主党鳥インフルエンザ対策本部長を務めてきました。

しかしながら、今般、岐阜県において60例にも上るイノシシの豚コレラの発生、またヨーロッパや中国で猛威を振るっているアフリカ豚コレラの発生により、畜産現場では大きな不安が広がっています。


また、いよいよ寒さが強まる12月を迎え、鳥インフルエンザへの警戒も厳にしていく必要があります。

このため、党の「鳥インフルエンザ対策本部」を強化して「鳥インフルエンザ等家畜防疫対策本部」に名称を変更することとし、家畜伝染病全般を対象に対策を講じるという方針を明示することとしました。


本日の第一回会合で、農林水産省から日本及び世界の現状と岐阜を中心とする対策の説明を受け、現行の家畜防疫に係る法体系が十分であるかも含めて検証することを議論していくことといたしました。

万が一、国内で家畜伝染病が発生した場合には、党として素早く対応するとともに、これからの鳥インフルエンザの季節を迎え、より緊張感をもった対応をしていきたいと考えています。


by taku-eto | 2018-11-29 19:00
<< 棚田地域に関するPT、棚田振興... 新潟県産米の輸入 停止の解除 >>