ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

産業競争力強化法改正案

本日の衆議院本会議で「産業競争力強化法等の一部を改正する等の法律案」の趣旨説明と質疑が行われました。

産業競争力強化法は、アベノミクスの「第3の矢」である「民間投資を喚起するための成長戦略」を実行するために、平成25年の秋の臨時国会に提出し成立した法律です。

主な内容は、日本経済が抱える「過剰規制」、「過小投資」、「過当競争」の3つの課題を根本から是正するもので、

成果としては、電動キックボードについて、計画認定を受けた場合はヘルメット着用なしでの走行を可能とする特例措置や、出光興産と昭和シェル石油など大型の事業再編が本法律を活用して行われてきました。

今回の改正案では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響下において、「グリーン社会」への転換、「デジタル化」への対応、「新たな日常」に向けた事業再構築や「中小企業の足腰の強化」を図ることが大きな柱で、

このほかに、コロナ禍を踏まえバーチャルのみで株主総会を開催することができる特例などの措置も盛り込まれております。

ウイズコロナ、アフターコロナを見据え、法案が成立した暁には、我が国の産業の発展のためにも、この法案を活用して頂きたいと思います。



by taku-eto | 2021-04-27 23:51
<< コロナ禍のゴールデンウィーク 聖火リレーと門川町新庁舎 >>