ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

みどりの月間

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、世界の新型コロナウイルス感染者数が5億人を超えました。

我が国においても、今週は宮崎県で過去最高となる新規感染者が確認されるなど、地方では感染が拡大している地域がありますので、くれぐれもご注意くださいます様、宜しくお願い致します。

今朝は、自民党本部で「農業経営における資金調達のあり方検討PT」の会合を開催して、上月良祐参議院議員から地元茨城県における外資による農地所有や営農型太陽光発電等の実態を報告していただきました。

報告によると、営農の実態を把握することが出来ない外国人が所有する農地や、営農型太陽光発電にもかかわらず適切な営農が行われていない農地も複数あり、地域に不信感を与えているとのことでした。

農地をどのように守り、活用していくかは地域の営農環境を整えるためにも非常に重要な問題でありますので、本日の報告を踏まえてしっかり議論をしてまいります。

午後は宮崎県新富町の小嶋町長が、航空自衛隊新田原基地に関する交付金の件で防衛省を訪れて、地方協力局長、次長、担当課長と面談を行いました。

また地元日向事務所には、美郷町の町長・議長をはじめ役場の皆様が新年度の挨拶にお越し下さいました。

さて、本日4月15日から5月14日は「みどりの月間」です。

昨日の自民党総合農林政策調査会においても「緑の羽根」の着用と「緑の募金」への協力を呼びかけましたが、「緑の募金」は、昭和25年に「緑の羽根募金」としてスタートしました。

寄せられた募金は、植樹などの森林整備、森林での体験学習などの森林環境教育、被災地の復旧・復興に向けた森林整備・緑化活動、海外での森林造成などに役立てられています。

宮崎県内においては、宮崎交通で1日乗り放題乗車券を購入すると、そのうち10円が緑の募金に寄附されるなど、各地域で特色のある募金活動が実施されています。

持続可能な開発目標(SDGs)や2050年カーボンニュートラルの実現に向け、植樹などの国民参加の森林づくり活動を力強く進めていくものですので、是非ご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

みどりの月間_a0143152_16595113.jpeg

みどりの月間_a0143152_17000183.jpeg

みどりの月間_a0143152_17002565.jpeg

みどりの月間_a0143152_17004084.jpeg

みどりの月間_a0143152_17005249.jpeg

by taku-eto | 2022-04-15 16:58
<< BUZZ MAFFの新しいオー... みやざき完熟マンゴ―「太陽のタ... >>