ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

西米良村ジビエ処理加工施設

今日の午前中は、自民党本部で食料安全保障に関する検討委員会の役員会や、有志議員の会合などに出席をし、午後は衆議院農林水産委員会の基本施策に関する質疑に臨みました。

会合の合間に、宮崎県の西米良村ジビエ処理加工施設の小佐井代表と、日本ジビエ振興協会の藤木代表理事が、自民党本部の政調会長代理室を訪ねてくれました。

この施設は、以前ブログでも紹介しましたが、令和3年度鳥獣対策優良活動表彰において、農村振興局長賞を受賞された大変素晴らしい施設です。

小佐井代表は、平成26年に野生鳥獣による農作物や森林被害の軽減、地域の活性化、雇用の創出などを目的にジビエ利用の取組を始め、平成30年3月に現在の施設を整備して、令和元年5月には、九州では初、全国でも4番目となる国産ジビエ認証を取得しました。

施設では最新機器の導入による衛生的かつ効率的な処理により、多くの個体を受け入れることが可能となり、鳥獣被害の軽減にも寄与しています。

また、同席された藤木代表理事はオーナーシェフとしてジビエレストランを経営されており、西米良村の施設で処理したお肉は臭みがなく大変評判が良いと仰っていました。

今後、捕獲した鳥獣を食用として利活用する割合を高めるために、各地に処理施設を作る必要がありますが、本格的な処理施設は建設費用が嵩むため、衛生基準をクリアした上で、簡易な処理施設を増やすことが出来ないかなどについて、農林水産省に検討をお願い致しました。

ちなみに小佐井代表は、8期32年に渡って西米良村議会議員を務められ、その功績が認められて本年春の叙勲で旭日双光章の栄に浴されました。

農村振興局長賞の受賞と合わせて、心からお祝い申しあげます(^^♪

西米良村ジビエ処理加工施設_a0143152_17184425.jpeg

西米良村ジビエ処理加工施設_a0143152_17195910.jpeg



by taku-eto | 2022-05-11 17:34
<< 久しぶりに議員会館に滞在 自民党政調審議会 >>