ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

東臼杵郡市子牛セリ市(令和4年5月)

今朝は、宮崎県延岡市の東臼杵郡市畜連で開催された子牛のセリ市で挨拶をさせて頂きました。

家畜のエサとなるトウモロコシなどの飼料穀物を輸入に依存する我が国の畜産は、緊迫する国際情勢や円安などの影響による穀物価格の高騰で大変厳しい状況にあります。

経営の安定と食料安全保障の観点からも、飼料穀物の国内生産と備蓄の強化を図らねばなりません。

そのためにも自民党「食料安全保障に関する検討委員会」で先週行った「食料安全保障の強化に向けた提言」の中間とりまとめに、通常の農林水産予算とは別に「食料安全保障予算」を確保することなど盛り込み、近く岸田総理に説明に行く予定です。

また、中国への牛肉輸出再開も含めて輸出対策を強化することが喫緊の課題ですが、生産者の皆さまが現場で頑張って頂いているからこそ輸出を伸ばすことが出来ることに改めて感謝を申し上げ、今後、政治の責任として生産基盤の強化を目指すことを挨拶の中で約束させて頂きました。

さて、昨日千秋楽を迎えた大相撲夏場所では、残念ながら宮崎県延岡市出身の力士 琴恵光関は負け越してしまいましたが、三段目で全勝優勝を果たした川南町出身の神谷(かみたに)とともに、今後の活躍を大いに期待したいと思います。

東臼杵郡市子牛セリ市(令和4年5月)_a0143152_17063172.jpeg

東臼杵郡市子牛セリ市(令和4年5月)_a0143152_17064841.jpeg

東臼杵郡市子牛セリ市(令和4年5月)_a0143152_17070002.jpeg

東臼杵郡市子牛セリ市(令和4年5月)_a0143152_17071291.jpeg

東臼杵郡市子牛セリ市(令和4年5月)_a0143152_17072267.jpeg



by taku-eto | 2022-05-23 16:58
<< 米粉の利用拡大 「北朝鮮による拉致被害者家族連... >>