ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

飼料・資材価格高騰に関する要請

本日はJA宮崎経済連の坂下会長・平島副会長と一緒に、宮崎県から畜産の生産者を代表して酪農協議会の石川会長、養豚部会連絡協議会の黒木会長、児湯養鶏農業協同組合の岩本組合長、牛肥育部会長会議の岩崎会長が、飼料・資材価格高騰に関する要請にお越しくださいました。

今、生産者の皆様は、飼料や資材価格の高騰の影響により、先行きに不安を強く感じている状況にあります。

私が月曜日に参加した宮崎県東臼杵郡市畜連の子牛セリ市の平均価格は、前回の開催と比べて16.2%安い約11万6千円減となり、また昨日、家内が参加した高千穂家畜市場でも同様に16.1%減の約11万4千円下落しました。

この様な状況の中、生産者の代表の皆様からは、飼料や資材価格の高騰で経営は限界に達しており、このままでは後継者に継承することも難しいという切実な生の声を聞かせて頂きました。

また生産コストは上がっているが、それが価格に反映されず、赤字が出る前に辞めようかという生産者の方もいらっしゃるというお話もされていました。

生産者の皆様のご努力によりせっかくここまで育ってきた日本の畜産を衰退させるわけにはいきませんし、一番大事なことは生産者の皆様の心が折れることが無いようにする事です。

それぞれ畜種は違いますが、飼料や生産資材価格の高騰で苦しんでいる状況は同じで、その高騰の原因は、世界情勢や為替、海上輸送費など様々な要因がありますので、対策も一時的なものでなく中長期的に考えなければなりません。

時間的な余裕はありませんので、早速、自民党の畜産酪農対策小委員会を開催して全国の状況もお聞きした上で、生産者の皆様が少しでも希望が持てるように全力を尽くしてまいります。

飼料・資材価格高騰に関する要請_a0143152_17280750.jpeg

飼料・資材価格高騰に関する要請_a0143152_17283486.jpeg

飼料・資材価格高騰に関する要請_a0143152_17284912.jpeg
【写真左】宮崎県たばこ耕作組合
  組合長 有藤様


by taku-eto | 2022-05-25 17:22
<< 食料安全保障に関する取材 米粉の利用拡大 >>