ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

台風5号・6号

九州全域に風速15メートルの強風や大雨をもたらした台風5号は、午前3時に熱帯低気圧に変わりましたが、新たに発生した台風6号の影響もあり、宮崎県では西都市と美郷町に土砂災害警戒情報や、国道219号が通行止めになるなど各地に影響を及ぼしました。

今朝から地元事務所の秘書が手分けをして、各市町村、農協、森林組合、漁協などに被害状況の確認を行っております。

国道219号の斜面崩落以外では、延岡市北方町石上地区付近の土砂崩れや、日之影町では今年1月に発生した地震による迂回路で新たな土砂崩れの発生、更に児湯地区ではハウスの突風被害が確認されました。

国や宮崎県とも連携して早期復旧に努めますが、今後台風6号の動向によっては、暴風や警報級の高波となる可能性もありますので、十分にご注意くださいます様、宜しくお願いいたします。

さて、本日は国会事務所に日向市の市長と議長が「令和5年度における国の施策・予算」に対する要望にお越しくださいました。明日は国土交通省に要望に行かれる予定です。

また、宮崎県市長会会長の都城市長をはじめ、西都市長、日向市長、延岡市長が「令和5年度 国の施策・予算」に対する要望にお越しになられました。

本来であれば、宮崎県内9市の市長と、宮崎県選出国会議員が一堂に会して意見交換を兼ねた要望会を行うところですが、新型コロナウイルス感染の急拡大に鑑み、市長会の代表が各事務所を訪問する形式になりましたので、各要望について書面による回答を自民党議員で行いました。

台風5号・6号_a0143152_17071396.jpeg

by taku-eto | 2022-08-01 17:05
<< 『港細島 錨(いかり)はいらぬ... 肥料高騰対策決定 >>