ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

「古民家再生」「空き家協議会」全国(宮崎)大会

本日は、宮崎市のシーガイアコンベンションセンターで開催された「全国古民家再生協会」と「全国空き家アドバイザー協議会」の全国大会に出席して挨拶をさせて頂きました。

全国大会を初めて地方で開催するに当たり、私が自民党「古民家再生議員連盟」の会長に就任したことを受け、宮崎県を選んで頂きました。昨日からの宿泊者数が述べ700名を超えるなど、大変大きな経済効果をもたらしました。大会の開催にご尽力を頂いた坂口支部長をはじめ関係者の皆様に心から感謝を申し上げます。

大会の開催に先立ち、椎葉村尾前神楽が奉納されました。現在、神楽の伝統を守り、さらに次世代へと継承し発展させてゆくために、「全国神楽継承・振興協議会」が昨年10月に設立され、高千穂神社の後藤宮司が会長に就任してユネスコ無形文化遺産の登録を目指しております。その様な中、全国から集まった同志の皆様の前で神楽が奉納されたことは誠に意義深いことと考えます。

そして引き続き行われた大懇親会では、日向市財光寺の「五十猛神社厄年ひょっとこOB会」の皆様が「ひょっとこ踊り」を披露されました。8月5日(土)には、「第40回日向ひょっとこ夏祭り」が3年振りに開催されますので、是非、日向にお越しください。

さて、古民家を再生することは、日本の伝統的な住文化を未来へと継承するとともに、古材の再活用による循環型社会の実現や気候変動対策、地方移住の促進、更には地域コミュニティの活性化などにも貢献する大変素晴らしい取り組みであります。

また人口減少や高齢化の進展により、居住目的のない空き家が、この20年間で約1.9倍に増加し、今後も更に増加する見込みで大きな社会問題となっております。

今国会では、空き家の活用拡大に取り組むため、「空き家対策特別措置法」の改正法案が審議中でありますが、「古民家再生協会」並びに「全国空き家アドバイザー協議会」の活動は、正に改正法案の趣旨に沿ったものであり、これからも手を携えて、古民家の再生と空き家対策にしっかりと取り組んでまいります。

「古民家再生」「空き家協議会」全国(宮崎)大会_a0143152_17445614.jpeg

「古民家再生」「空き家協議会」全国(宮崎)大会_a0143152_17451614.jpeg
「古民家再生」「空き家協議会」全国(宮崎)大会_a0143152_17453297.jpeg
「古民家再生」「空き家協議会」全国(宮崎)大会_a0143152_17455020.jpeg

「古民家再生」「空き家協議会」全国(宮崎)大会_a0143152_18260047.jpeg
「古民家再生」「空き家協議会」全国(宮崎)大会_a0143152_18261516.jpeg

by taku-eto | 2023-06-03 12:28
<< 北川ホタルまつり 火山特措法案の起草 >>