ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

2019年 08月 20日 ( 1 )

国土強靭化

a0143152_17521010.jpg

a0143152_20222485.jpeg

a0143152_17521044.jpg

今日は高鍋町の一級河川小丸川に係る宮越排水機場設置について、宮越排水機場整備期成同盟会の飯干幹雄会長や黒木町長と一緒に、国土交通省の水管理・国土保全局長に要望をしてまいりました。

期成同盟会は、880世帯で構成されており、永年、河川の氾濫による浸水被害に悩まされて来ました。

排水ポンプの整備については、行政や議会が要望するだけでなく、やはり地元住民の熱い想いが国に伝わらねばなりません。そしてその想いを後押しするのが小選挙区から選出された政治家の役目であります。

今回、期成同盟会の飯干会長の「我々の世代で解決せねばならない」という訴えを聞いた局長からも「改めて会長の話を聞けて良かったです。まず何が出来るかを早速検討をします」と回答を頂きました。

国土強靭化集中期間である今のタイミングに目途が立つように、関係者の皆様と協力して私も努力してまいります。

続いて、明日21、22日に予定されている日米貿易交渉の閣僚協議に先立ち、自民党で「TPP・日EU・日米TAG等経済協定対策本部、TPP交渉における国益を守り抜く会 合同会議」を開催しました。ご出席の先生方からは、お盆の期間中地元で聞かれたご懸念など様々なご意見を聞かせ頂きました。

そしてその後、森山本部長と2人で、閣僚協議で実際に交渉に当たられる茂木経済再生担当大臣を訪問し、申入れを行ってまいりました。

茂木大臣には、合同会議で先生方からお聞きした声もしっかりお伝えさせて頂きましたので、こうした声を武器にタフな交渉をして頂けるものと信じております。










by taku-eto | 2019-08-20 17:52