ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

2020年 06月 04日 ( 1 )

6月4日

本日は、第2次補正予算などを含め、役所で種々の打合せを行いました。

本日の日本農業新聞でも取り上げられましたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、和牛肉の価格が落ち込むと同時に、肉用子牛の価格下落も著しく、繁殖農家の意欲低下により肉用牛生産基盤の弱体化が懸念されています。

この為、本日は、肉用子牛の生産者の皆様の意欲を維持し、肉用牛生産基盤の弱体化を防止する為の「肉用子牛生産の奨励金(優良肉用子牛生産推進緊急対策事業)」についてご紹介させて頂きます。

肥育牛については、既に支援策を打ち出しておりますが、今回、肉用子牛の価格下落についても、例えば黒毛和種が全国の平均価格が60万円を切った場合に1万円、57万円を切った場合に3万円を、子牛販売頭数に応じて、奨励金として交付する事と致しました。支援をお受けになる場合、畜舎の環境改善や経営分析等に取り組んで頂きますが、内容は決してハードルの高いものではなく、現場の皆さまが既に取り組んでいるものなどが中心です。これにより、肉用子牛生産の継続・経営改善を図って頂きます。

これらの支援は、農畜産業振興機構(ALIC)事業として第2次補正予算案の成立を待たずに、準備が整い次第、執行して参ります。


by taku-eto | 2020-06-04 20:19