ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

2020年 06月 07日 ( 1 )

休漁中の漁業者対策

本日は、休漁中の漁業者対策の為の既存事業である「新資源管理導入円滑化等推進事業」の運用改善についてご紹介致します。この運用改善は、第2次補正予算案とまとめて公表致しました。

今般、新型コロナウイルス感染症の影響により魚価が低迷し、全国で多くの漁業者が休漁を余儀なくされ、大変苦しい思いをされておられます。
現状では、無理に漁に出るよりも、漁場や資源の保全活動を行って、次のタイミングに備える事もあろうかと思います。

この為、元々、新たな資源管理措置への移行に伴う減船・休漁措置を円滑に実施する為の本事業の中に、休漁中の漁業者の皆様が漁場保全活動や水産資源調査を実施する場合に支援を行う事業メニュー「資源・漁場保全緊急支援事業」を追加する事と致しました。

具体的には、
○この支援により、漁船による漁場の耕うん・清掃をして頂ければ、例えば6万円/隻・日

○藻場におけるウニ駆除等をして頂ければ、例えば1万円/人・日

○海水温の観測等の資源調査をして頂ければ、例えば6万円/隻・日

を傭船料、人件費等として受け取ることができます。

これらの運用改善は、準備が整い次第、速やかに実施して参ります。

漁業の継続と漁場生産力の強化を図る為、関係者の皆様に是非ご活用頂きたく、水産庁・県漁連・漁協にお気軽にご相談願います。
by taku-eto | 2020-06-07 15:57