ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

2020年 06月 20日 ( 1 )

「家畜伝染病予防法改正」の施行について

本日は、7月1日に施行する「家畜伝染病予防法改正」についてお話致します。

昨日の閣議において「家畜伝染病予防法改正」に関連する政令が決定され、改正法の施行日は、原則、本年7月1日とする事となりました。

我が国におけるCSF(豚熱)の発生は、3月12日を最後に止まってはいますが、依然、警戒が必要です。
農家の皆様方には、改正法の趣旨を踏まえ、飼養衛生管理基準の遵守の徹底をお願いしたいと思います。

また、一昨日18日の新型コロナ感染症政府対策本部では、オーストラリア、ニュージーランド、ベトナム、タイからの人の段階的な往来再開が承認されました。農林水産省としては、ASF(アフリカ豚熱)の国内侵入防止に万全を期す必要があります。

改正法の施行により、家畜防疫官の権限が強化され、輸出入検疫違反の罰金が個人300万円、法人5,000万円まで引き上げられます。また、人数も、令和元年度までに、5年間で87人増員し、481人体制にしたほか、今年度も10人増員予定です。更に、検疫探知犬は、現在の53頭から7月には96頭、今年度末には140頭体制とし、今年度は宮崎空港にも1頭配備予定です。
携帯品と郵便物の検査を一層強化して参ります。

これらにより、ASFを始めとする悪性伝染病の我が国への侵入防止を徹底して参ります。
by taku-eto | 2020-06-20 17:03