ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

2020年 06月 27日 ( 1 )

九州地方の豪雨

依然として新型コロナウィルス感染症で多くの皆様が大変な思いをされている中、九州地方を中心に、梅雨前線の影響による大雨が続いており、本日17:00時点での6時間降水量の最大値が、宮崎県えびの市えびの157.0mm、同市加久藤(かくとう)141.0mm、鹿児島県さつま町紫尾山(しびさん)134.0mmなどとなっております。

今回も、私は早い段階から、省内の担当部局に対し、現地の情報収集に当たる事、被害が発生した場合には速やかに「農林水産省災害対策本部」を開催すべく準備を進める事を指示致しました。

これを受け、本日も朝から担当部局が情報収集に当たっておりますが、これまでのところは農林水産関係での被害報告は上がってきておりません。

しかし、福岡県では家屋の床下浸水5 件、長崎県では軽傷 1 名との被害報告があるほか、明日18 時までの24時間に予想される雨量(多い所)は、九州北部、九州南部、四国で180〜250mm の見込みとされており、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県の各県では、災害情報連絡室、災害警戒本部、情報連絡本部等を設置して警戒しております。

引き続き、緊張感を持って情報収集に当たるとともに、被害が最小限に収まることを祈りつつ、対応に当たって参ります。
by taku-eto | 2020-06-27 19:57