ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

2020年 06月 29日 ( 1 )

九州地方の豪雨、食料・農業・農村白書について

本日は、役所で種々の打合せを行った後、福島県双葉地方町村会の伊澤会長(双葉町長)、宮本副会長(富岡町長)、双葉地方町村議会議長会の渡邉会長(川内村議会議長)、佐々木副会長(浪江町議会議長)と面会し、双葉地方の復興・再生に向け、財政措置を含めた営農支援、中山間地域における施設整備の支援、森林の除染支援、風評払拭に向けた対策などの要望をお受け致しました。

東日本大震災からの復興への取組みは現在もなお続いており、地震・津波被災地域は復興の「総仕上げ」の段階、原子力災害被災地域は今後も中長期的な対応が必要となっております。

この為、先の通常国会では、「復興庁設置法等の一部を改正する法律」が可決・成立し、復興庁の設置期限が令和13年3月31日まで10年間延長されましたが、農林水産省としても、今年4月からは32名の体制による12市町村への人的支援を行い、営農再開に取り組んでいる現場のニーズを聞き取っているところであります。
また、営農再開の加速化に向け、現場の取組を後押しする為、本日29日、事務次官等を富岡町に派遣し、市町村、県、JAなど関係機関とよく意見交換を行うよう指示しているところであります。
本要請には、ご地元選出で衆議院農林水産委員長として大変お世話になっている吉野衆議院議員に同席頂きました。福島の復興に向けては、財政支援を含めて仕組みが整備されておりますので、引き続き農林水産省としても全力で支援して参ります。

その後、全国農業会議所の二田会長と次期会長に就任される國井理事にお越し頂き、意見交換を行いました。

九州地方の豪雨、食料・農業・農村白書について _a0143152_17485986.jpeg

九州地方の豪雨、食料・農業・農村白書について _a0143152_17491381.jpeg

by taku-eto | 2020-06-29 17:47