ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

<   2020年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

6月30日

本日は、持ち回りで定例閣議が開催されるとともに、7階講堂で定例記者会見を開催致しました。

会見では、明日7月1日で再開から1年を迎える商業捕鯨についてのご質問にお答え致しました。
商業捕鯨については、我が国は鯨類の資源に影響が出ないようIWC(国際捕鯨委員会)にしっかり情報提供しながら科学的根拠に基づいて実施してきており、海外から概ね冷静な反応を頂いております。日本の捕鯨は大切な文化ですから、しっかりと続けて行きたいと考えております。消費面でも、今回の商業捕鯨による鯨肉は新鮮なものであり、「冷凍よりも美味しい」との評価も頂くなど消費者の方々にも好評であったと承知しております。

他方で、鯨肉の消費の中心は学校給食を経験した世代の方々であり、より幅広い世代の方々に鯨肉の美味しさを知って頂く事が課題と考えております。その為には、新しい商品開発や、学校給食での活用などの工夫が必要であり、商業ベースに乗せる為の高付加価値化や販路拡大も含めて、しっかりと消費拡大を図っていく事が重要であると考えております。

また、農産物検査についてのご質問にもお答え致しました。
私は、農産物検査は農家が望めば誰でも必ず利用できるベースラインの検査として定着しており、今後も必要なものであると考えております。
他方で、交付金の不正受給、不正表示はあってはならない事です。農産物検査を受けていないコメが交付金の対象となるという事であれば、対象の数量、表示の根拠などをしっかりと確認する必要があると考えております。
今後予定される規制改革推進会議の答申に向けては、私が会見で申し上げたこのような点が確保されるよう、最終的な調整を担当部局に指示しているところであります。

その後も、役所で国際案件など種々の打合せを行いました。

6月30日_a0143152_16154062.jpeg

by taku-eto | 2020-06-30 16:15

九州地方の豪雨、食料・農業・農村白書について

本日は、役所で種々の打合せを行った後、福島県双葉地方町村会の伊澤会長(双葉町長)、宮本副会長(富岡町長)、双葉地方町村議会議長会の渡邉会長(川内村議会議長)、佐々木副会長(浪江町議会議長)と面会し、双葉地方の復興・再生に向け、財政措置を含めた営農支援、中山間地域における施設整備の支援、森林の除染支援、風評払拭に向けた対策などの要望をお受け致しました。

東日本大震災からの復興への取組みは現在もなお続いており、地震・津波被災地域は復興の「総仕上げ」の段階、原子力災害被災地域は今後も中長期的な対応が必要となっております。

この為、先の通常国会では、「復興庁設置法等の一部を改正する法律」が可決・成立し、復興庁の設置期限が令和13年3月31日まで10年間延長されましたが、農林水産省としても、今年4月からは32名の体制による12市町村への人的支援を行い、営農再開に取り組んでいる現場のニーズを聞き取っているところであります。
また、営農再開の加速化に向け、現場の取組を後押しする為、本日29日、事務次官等を富岡町に派遣し、市町村、県、JAなど関係機関とよく意見交換を行うよう指示しているところであります。
本要請には、ご地元選出で衆議院農林水産委員長として大変お世話になっている吉野衆議院議員に同席頂きました。福島の復興に向けては、財政支援を含めて仕組みが整備されておりますので、引き続き農林水産省としても全力で支援して参ります。

その後、全国農業会議所の二田会長と次期会長に就任される國井理事にお越し頂き、意見交換を行いました。

九州地方の豪雨、食料・農業・農村白書について _a0143152_17485986.jpeg

九州地方の豪雨、食料・農業・農村白書について _a0143152_17491381.jpeg

by taku-eto | 2020-06-29 17:47

九州地方の豪雨、食料・農業・農村白書について

昨日に引き続き、本日も九州を中心とする豪雨の状況を注視し、担当部局からの報告を受けました。

福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県の各県では、災害情報連絡室、災害警戒本部、情報連絡本部等を設置して警戒しておりましたが、これまでに全て廃止、解散されました。

昨日御報告した一部家屋の床下浸水、軽傷の方1名以外は、これまでのところ被害は報告されておらず、農林水産業の被害報告もありません。

明日月曜日の6時までの24 時間に予想される雨量(多い所)は、関東甲信、東海、九州南部で 120mm の見込みとなっております。
以前より台風襲来の時期も早まり、また、梅雨前線に伴う降雨の様子も以前とは随分と異なってきた事を改めて強く認識しております。引き続き、油断する事なく、対応に当たって参ります。


さて、本日は、6月16日に閣議決定した「令和元年度食料・農業・農村白書」について、御紹介致します。

今回の白書では、「新たな食料・農業・農村基本計画」と「女性農業者」の2つのテーマについて特集しております。「基本計画」につきましては、6月25日(木)のこのブログでも御紹介させて頂きましたが、1つのテーマが「女性農業者」についてです。

1999年の男女共同参画社会基本法の施行から20年が経過し、農業・農村の発展の鍵となる「女性農業者」の活躍の状況につきまして、今回の白書では全国の様々な事例を御紹介しております。女性農業者は、地域を元気にしていく為に大変重要役割を果たしておられ、これまで以上に活躍の幅を広げていって頂く事を大いに期待しており、そのような思いから、特集を組ませて頂きました。

また、特集に加え、昨年度多発した災害や、新型コロナウイルスへの対応についても、新たに章立てをして御紹介しております。

白書は、農業者、地方自治体、JA等の農業団体の皆さまのほか、農業高校の授業等で副教材として活用されたり、小論文の出題材料として活用される等、教育関係機関・研究者・学生の皆様にも活用頂いております。また、農業者の皆様と取引関係がある銀行や経営コンサルタントの方々が、農業に関する経営環境を調査・分析する為に活用頂いているとのお話も伺っております。

新型コロナウィルスの拡大により、国内農業の生産基盤の強化と食料自給率の向上の重要性についての認識が広まる中、この白書が、多くの国民の皆様に、我が国食料・農業・農村が直面している現状や課題を共通認識として頂くとともに、農業・農村が、「国の基」として、かけがえのないものである事を御理解頂き、国民全体で、農業・農村を次の世代に継承していく為の一助になれば、と考えております。是非御一読頂ければ幸いです。
by taku-eto | 2020-06-28 19:19

九州地方の豪雨

依然として新型コロナウィルス感染症で多くの皆様が大変な思いをされている中、九州地方を中心に、梅雨前線の影響による大雨が続いており、本日17:00時点での6時間降水量の最大値が、宮崎県えびの市えびの157.0mm、同市加久藤(かくとう)141.0mm、鹿児島県さつま町紫尾山(しびさん)134.0mmなどとなっております。

今回も、私は早い段階から、省内の担当部局に対し、現地の情報収集に当たる事、被害が発生した場合には速やかに「農林水産省災害対策本部」を開催すべく準備を進める事を指示致しました。

これを受け、本日も朝から担当部局が情報収集に当たっておりますが、これまでのところは農林水産関係での被害報告は上がってきておりません。

しかし、福岡県では家屋の床下浸水5 件、長崎県では軽傷 1 名との被害報告があるほか、明日18 時までの24時間に予想される雨量(多い所)は、九州北部、九州南部、四国で180〜250mm の見込みとされており、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県の各県では、災害情報連絡室、災害警戒本部、情報連絡本部等を設置して警戒しております。

引き続き、緊張感を持って情報収集に当たるとともに、被害が最小限に収まることを祈りつつ、対応に当たって参ります。
by taku-eto | 2020-06-27 19:57

6月26日

本日は、官邸において開催された「統合イノベーション戦略推進会議」に出席致しました。
私からは、5月に策定・公表した「農林水産研究イノベーション戦略2020」の重点分野として、「スマート農業」「環境」「バイオ」の3分野での研究計画等をお示ししている事を報告させて頂きました。

続いて官邸で定例閣議に出席した後、役所に戻り、7階講堂で閣議後記者会見を行いました。

その後、UMKテレビ宮崎からテレビ会議形式で、農林水産省で取り組んでいる「BUZZ MAFF(バズマフ)」について、インタビューをお受け致しました。
「BUZZ MAFF」は、農林水産省の若手職員が自由に創意工夫し、その人ならではのスキルや個性を活かしてYouTubeで農林水産物や農林水産業の良さや魅力を発信する霞ヶ関初の試みです。
本日18時14分から「FNN ・UMKスーパーニュース」の中で放送されると聞いておりますので、是非ご覧下さい。

その後も、役所で種々の打合せを行った後、新潟県の花角知事と面会し、農山漁村の活性化や防災・減災対策の強化等に必要な予算確保と制度拡充などについて要望をお受け致しました。

午後は、静岡県浜松市の鈴木市長と面会し、国営三方原(みかたはら)用水2期土地改良事業の推進について要望をお受け致しました。本要請には、ご地元選出の塩谷立衆議院議員、城内実衆議院議員に同行頂きました。

その後、宮崎から、河野知事と丸山県議会議長がお越しになり、意見交換を行いました。

6月26日_a0143152_17584690.jpeg

6月26日_a0143152_17585668.jpeg

6月26日_a0143152_17590830.jpeg


by taku-eto | 2020-06-26 16:00

新たな「食料・農業・農村基本計画」に基づく政策の推進

通常国会が閉会し、現在は、令和3年度予算概算要求などに向け、各種施策の検討を行っておりますが、
本日は、その検討の基本的方向性を示す「食料・農業・農村基本計画」のポイントを改めて御紹介致します。

本年3月の新たな策定に当たっては、省内はもとより、審議会や与野党の皆様も含め徹底的に議論し、私も、現場で汗を流しておられる農業者の皆様の事を思い浮かべ、「将来の農業・農村がどうあるべきか」を考えながら対応しました。「基本計画」は今後の農政の中長期的なビジョンでありますので、本来であれば、策定後直ぐに、全国各地の農業者の皆様に御説明していく考えでありましたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、十分に現場に赴く事が出来ておりません。

来年度に向けた各種施策の検討が本格化する中、本日は、この場をお借りして、ポイントをお伝えさせて頂きます。

ポイントは4つです。

・中山間地域など経営規模の大小といった条件にかかわらず農業経営全体の底上げをします。
一部の人だけでなく、全体の生産基盤を強化を進め、農業経営の底上げを図り、農業を国際競争や災害にも負けない足腰の強い産業とする事で、地域を守り、次世代に継承していきたいと考えております。

・政府全体の輸出本部の下で輸出拡大を図ります。
今後、少子高齢化で国内の食市場が小さくなり、出口政策が必要になります。目標達成に向けて、各省で連携していきたいと考えております。

・中山間地域では複合収入が重要であり、関係府省と連携して農村施策を推進します。
規模拡大は中山間地域等では難しい為、コメと畜産などの複合経営や、農泊、棚田、ジビエなどの地域資源とも組み合わせて所得や雇用の機会を確保していく事、また、生活インフラなど定住できる条件を整備していく事が必要です。農村施策は、農林水産省が中心となって進めていきますが、道路や観光など他省庁との連携が欠かせないと考えております。

・食や農に関する国民運動を通じて国民的合意を形成します。
食料安全保障を確立していく為には、農業者の皆様の努力に加え、国民の皆様に、我が国の食や環境を支えている農業・農村への御理解を賜り、「農は国の基(もとい)」との認識が国民全体で共有されるよう、国民運動を展開して参ります。


一部の人だけでなく全体の農業生産基盤を強化する事で、地域が守られ、次世代に継承されていくものと考えております。また、農業者はもとより、国民の皆様にご理解を賜り、「国の基」である農業を国民全体で次世代に繋いで参りたいと考えております。

また、今回の新型コロナウイルスの感染拡大により、一部の国において輸出規制の動きがあり、食料安全保障に対する国民の皆様の関心も一層高まってきていると認識しております。
今回の「基本計画」では、食料の安定供給を図るため、
・輸入品からの代替が見込まれる小麦・大豆等の国産農産物の増産
・農業経営の底上げにつながる生産基盤の強化
・荒廃農地の発生防止や解消による農地の確保を図ることとしており、
これらを通じて、食料自給率の向上を図り、将来にわたって食料の安定供給を実現して参ります。
by taku-eto | 2020-06-25 18:10

6月24日

午前中は役所で、国際関係や水産関係など、種々の案件について打ち合わせを行いました。

午後は、福島県の内堀知事と面会し、同知事から「ふくしまの復興・創生に向けた提案要望」として、避難地域の営農再開に向けた支援、農林水産物の安全確保と風評対策、森林再生事業や水産荷捌き加工施設整備への支援などについての要望をお受けしました。

営農再開については、帰還困難区域を除き、既に農地の除染が完了し、営農が再開できるようになっておりますが、先の国会で成立した福島復興再生特別措置法改正による農地法の特例なども活用して、更に農地の集積・集約化を進め、農地を農地として次の世代に引き継いでいく必要があります。

風評被害への対応は難しい課題ですが、そのような中にあっても福島県は、コメ、もも、りんご、なし等の輸出が増加しており、震災前の水準の約2倍と過去最高を更新しています。これは、県を挙げ、福島のブランドの確立、輸出促進に向けた御努力の賜物だと思います。
原発事故による諸外国・地域の食品等の輸入規制は、未だに20の国・地域で残っておりますが、政府としても新たに立ち上がった農林水産物・食品輸出本部の下、全ての国・地域で規制が撤廃されるよう粘り強く協議しなければなりません。

引き続き、関係省庁とも連携しながら、施設整備等の支援も含め、福島の復興・創生の加速化に向け、しっかり支援して参ります。

6月24日_a0143152_17190559.jpeg

by taku-eto | 2020-06-24 17:18

6月23日

本日は、持ち回りで定例閣議が開催されるとともに、7階講堂で定例記者会見を開催致しました。

会見の冒頭で、私から、これから豪雨・台風の多くなる季節に入ることを踏まえ、農林水産省のアプリ(MAFFアプリ)やホームページを活用して、農林漁業者の皆様に、豪雨・台風などに備える為の情報発信を開始した事を報告させて頂きました。

昨年、農林水産大臣への就任直後に台風第15号、第19号の風水害に対応する事となりました。昨年までは主に文書で通知しておりましたが、今回のコロナ禍でも、農林水産業者・食品産業の皆様に、情報がより正確に、速く伝わるように、イラストや簡単な文章を用いて災害の備えのポイントをお示ししております。
農林水産業者・食品産業の皆様が、これらの情報を活用して豪雨や台風などに備えて頂き、発生時には、まず命を守るとともに、経営を守る為の一助となれば、と考えております。

【豪雨や災害等の風水害に備えるための予防減災情報(農林水産省HP)】


会見後は、夕刊デイリーの松永社長から、通常国会を終えての所感のほか、新型コロナウイルス対応などについて、テレビ会議形式で取材をお受け致しました。

その後も、役所で種々の打ち合わせを行いました。
午後は、宮崎県経済連の壱岐副会長と次期会長に就任されるJAこばやしの坂下組合長と面会し、意見交換を行いました。

その後、官邸で「農林水産物・食品の輸出拡大のための輸入国規制への対応等に関する関係閣僚会議」に出席致しました。
関係閣僚会議では、農林水産物・食品の最近の輸出の状況と今後の更なる輸出拡大に向けた対応の方向について議論するとともに、事業者4名の皆様から、輸出に関する取組や実態、現場の課題などについてヒアリングを行いました。

国内の市場が縮小する一方で、今後、世界の食市場は大幅な拡大が見込まれる中、農林漁業者の所得向上には適正価格で販売できる出口戦略が必要であり、輸出はまさにその1つです。

本日は、輸出に積極的に取り組まれている事業者の皆様から前向きな取組や課題を伺いました。私も補佐官時代に、小さなベンチャーだけれども日本中を歩いて良い物を見つけて輸出にチャレンジしようとする若者達の話を伺った事があります。こういった小規模な取組も数を増やせば全体として輸出が拡大していきます。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、輸出拡大に際して厳しい状況ではありますが、引き続き、既存の商流の維持、反転攻勢の為の支援をしっかり行って参ります。

6月23日_a0143152_17140543.jpeg

6月23日_a0143152_17141569.jpeg

6月23日_a0143152_17142452.jpeg

by taku-eto | 2020-06-23 17:13

6月22日

本日は、第10回の「原子力防災会議」に出席致しました。

この会議は、8年前の平成24年に政府全体としての原子力防災対策を進め、関係機関間の調整や計画的な施策遂行を図る為のものであり、全閣僚で構成されています。

今回は、総理官邸と各省庁を回線で繋ぐTV会議でしたが、宮城県の女川(おながわ)地域の緊急時対応の確認結果(女川原子力発電所一帯の緊急時の避難等の対応の取りまとめ)のほか、原子力災害対策マニュアルの改訂についての報告がありました。

その後、役所で家畜衛生や災害対応、農林水産品・食品の輸出など種々の打合せを行いました。

6月22日_a0143152_16411163.jpeg

by taku-eto | 2020-06-22 16:40

農林漁業者等の資金繰り対策の強化

本日は、6月12日に成立した第2次補正予算の農林水産関係の措置のうち、農林漁業者等の経営維持・再建の為の資金繰り対策の強化の内容をご紹介致します。

今回、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、農林漁業者の皆様の経営に支障が生じないよう、資金繰り対策として、農林漁業セーフティネット資金等の貸付当初5年間の実質無利子・無担保化の融資枠を拡充致します。

また、より資金の借入れがしやすくなるよう、農林漁業セーフティネット資金の償還期限を5年延長(据置期間3年、償還期限10年→15年)するとともに、借入れが増加し、負債過多により今後の資金調達が困難となるといった事に対応できるよう、今回、新型コロナ前は経営が安定していた、中長期的に発展する見込みなど一定の要件を満たす方には更に融資を受けやすくする為の劣後ローンをご利用頂けるように措置しております。

是非、農林漁業セーフティーネット資金等を活用して、経営を継続していく為に必要な資金を確保して頂きたいと思います。

農林漁業者の皆様に是非ご活用頂きたく、本省・農政局・支局、資金の貸付け主体である日本政策金融公庫や農協系金融機関などにお気軽にご相談願います。
by taku-eto | 2020-06-21 14:36