ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

各種JA関係の会合

昨日は、岸田総理をはじめ全国のJA関係者などオンラインを含め約4,000名が参加して「令和6年度日本農業新聞全国大会」が開催され、挨拶をさせて頂きました。

日本農業新聞は、日本で唯一の日刊農業専門誌として、農業・農村における重要な情報発信を担っております。

現在、食料・農業・農村基本法の改正案が国会で審議されるなど、農政は大きな転換期を迎えている中、これからも分かりやすい報道を通じて、持続可能な食と農への国民的理解の醸成や、生産基盤の強化に貢献して頂くことを大いに期待しています。

そして本日は、全国農業協同組合中央会(JA全中)主催の「令和6年度食料・農業・地域政策推進全国大会」が開催され、自民党を代表して挨拶をさせて頂きました。

また、宮崎県から全国大会に参加されたJAみやざき・経済連・共済連の幹部や、青年協、女性協の皆様と意見交換を行いました。

意見交換では、「食料安全保障の確保」「適正な価格形成の実現」「経営安定対策の強化」など様々なご意見やご要望をお聞かせ頂き、私からは現在、国や自民党で取り組んでいる内容などについて説明をさせて頂きました。

宮崎県では本年4月に全13JAが合併し、宮崎県全域を地区とする「JAみやざき」が発足し、来年3月には全国で初めてとなる経済連や畜連も統合する予定です。

この「宮崎モデル」が成功するか否かは、全国のJA組織の未来がかかると言っても過言ではありませんので、私も関係者の皆様と一丸となって、しっかりと取り組んでまいります。

各種JA関係の会合_a0143152_15104354.jpeg

各種JA関係の会合_a0143152_15113493.jpeg

各種JA関係の会合_a0143152_15114872.jpeg



# by taku-eto | 2024-05-10 15:08

県連所属県議との意見交換

今月28日(日)に投開票が行われた衆議院東京15区、島根1区、長崎3区の補欠選挙では、不戦敗も含めて自民党は全敗を喫しました。私も唯一候補者を立てた島根県を訪問した際に、自民党に対する大変厳しいご意見も頂いており、改めて今回の結果を厳粛に受け止めねばならないと強く感じております。

その様な中、昨日は「昭和の日」でしたが、私が会長に就任する予定の自民党宮崎県支部連合会(県連)所属の県議会議員の皆様にお集まり頂き、意見交換を行いました。

これまで、星原会長を始め歴代の会長・役員の皆様が県連改革を断行されて来られたことを高く評価させて頂きますとともに、そのご努力に深く敬意を表します。

新体制に移行するに当たり、これまでの良い点はしっかりと引き継ぎながら、関係者の皆様のご協力のもと、地道に出来るところから改革を進めて行きたいと考えおります。

県議会議員の皆様からは、今回の派閥による裏金問題は、地方議員ではなく国会議員が引き起こした不始末だという厳しいご意見や、女性局の在り方について前向きな提案など、大変貴重な様々なお話をお伺いしました。

県連の運営については、今回頂いたご意見などをしっかりと反映させ、多少の意見の相違はあっても、最終的には議論を集約して、県民の皆様のお役に立てるよう、一致団結して取り組んでまいります。

県連所属県議との意見交換_a0143152_11285695.jpeg

# by taku-eto | 2024-04-30 11:26

自民党農林関係の委員会とPTを設立

今週は、私が会長を務める自民党総合農林政策調査会の下に設立した、新たな委員会とプロジェクトチーム(PT)の初会合を開催しました。

委員会は、昨日開催した「環境と調和した持続可能な農業推進委員会(略称:みどり委員会・野中厚委員長)」です。

近年、国際的にも環境やSDGsへの対応が求められる中、我が国の農林水産業においても、カーボンニュートラルへの貢献や、災害・気候変動に強い持続的な食料システムへの転換を着実に進めていく必要があります。

こうしたことを背景に、今般の食料・農業・農村基本法改正案においても、「環境と調和のとれた食料システムの確立」が新たな柱として位置付けられたところであり、自民党としても本委員会で様々な関係者の方々から幅広くご意見を伺いながら、これからの農業環境政策について継続的に検討を深めていきたいと思います。

そしてPTが、本日開催した「食と農への消費者の理解醸成と行動変容に向けた施策検討PT(略称:食農理解PT・宮下一郎座長)」です。

本PTは、基本法改正案において「消費者の役割」が拡充され、食育基本法施行から20年を迎える中で、農業への消費者の理解が一層重要となっていることを踏まえ、食料消費・食生活の動向・変遷の分析や各種施策等の検討を行い、今後の各種施策等の実施に向けた論点・課題等を整理するため、設立致しました。

これで総合農林政策調査会及び農林部会の組織は、委員会12、分科会3、PT8、本部1と合計24となります。国会会期中は、本会議や各委員会等の間隙を縫って複数の会合を開催しますので、農林関係議員もますます多忙になりますが、国民目線に立った政策立案の実現によって、国民の皆様の負託にしっかりと応えて行きたいと思います。


自民党農林関係の委員会とPTを設立_a0143152_13392351.jpeg


自民党農林関係の委員会とPTを設立_a0143152_13393564.jpeg

自民党農林関係の委員会とPTを設立_a0143152_13394684.jpeg

# by taku-eto | 2024-04-26 13:36

自民党県連星原会長と

本日は、自民党宮崎県連女性局の会合に出席した後、星原会長と面会し、会長交代に当たっての引き継ぎを円滑に行うべく相談させていただきました。

この連休中にでも役員の皆さんを集めていただいて、意見交換ができるように段取りをお願い致しました。

自民党県連星原会長と_a0143152_14341745.jpeg

自民党県連星原会長と_a0143152_15414068.jpg


# by taku-eto | 2024-04-20 14:30

自由民主党宮崎県支部連合会 会長選挙

本日は、自由民主党宮崎県支部連合会(県連)会長選挙の開票が行われ、党員の皆様のご支持を頂き、私が当選させて頂きました。県議会議員をはじめ、多くの地域支部、職域支部からご推薦を頂き、そして何より党員の皆様からご支持頂きましたことに心から感謝申し上げます。

私も閣僚を経験し、議員歴は20年を超え、多くの皆様から「県連会長として役割を果たすべきだ」という声がこの数年高まっており、今回、県連会長に立候補する決意を致しました。

今回の県連会長選は、2008年に公選制が導入されて以来、初めての選挙戦となり、党員の皆様の投票によって県連会長が選ばれたことの意義は大きく、身の引き締まる思いです。

今、自民党は、派閥によるパーティー券の裏金問題や青年局の不適切な懇親会など様々な不祥事が相次ぎ、政治への信頼を損ねた結果、国民の皆様の間には政治不信が蔓延しております。私自身も、自民党の国会議員として誠に申し訳なく感じております。

信頼回復が容易でないことは重々承知しておりますが、県連会長として党員・党友の皆様、県民の皆様との対話を行い、そこで頂いた憤りや怒りを自民党としてのあるべき姿にしっかりと反映させ、国民の皆様の信頼回復に努めてまいります。







# by taku-eto | 2024-04-18 10:34