ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

延岡市消防出初式

今朝は延岡市の消防出初式に出席を致しました。

地元の事情に精通し地域に密着した活動を行う日本の消防団は、1950年代には200万人を誇る大組織でした。しかし誠に残念なことでありますが、昨年は1年前と比べて2万人以上減少して80万人を切ってしまいました。

特に30歳以下の減少が目立ち、昭和60年には全体の8割近くを占めていましたが、現在では4割に届きません。

時代の流れとともに災害は多発化・激甚化し、地域住民の消防団に対する期待は更に大きくなっている中、このままでは地域防災の基盤が揺らぐ事態になりかねず、団員の減少を食いとめる必要があります。

消防団員は故郷を守る最も大切な礎です。団員の士気向上と団員数確保、そして労苦に報いるためにも、更なる処遇改善を行い、地域の幅広い層から1人でも多くの方が消防団に入団されるよう、私も関係者の皆様と努力してまいります。

延岡市消防出初式_a0143152_10571867.jpeg

延岡市消防出初式_a0143152_10573203.jpeg

延岡市消防出初式_a0143152_10575139.jpeg

延岡市消防出初式_a0143152_10580552.jpeg

# by taku-eto | 2023-01-08 10:55

JA日向代表理事組合長告別式

本日は、私が最も尊敬してやまないJA日向代表理事組合長の告別式に参列して、謹んで弔辞を奉げてまいりました。

組合長は、宮崎県諸塚村の山深い地区で生まれ育ち、19才で日向農業協同組合に入組して以来、椎葉支店長や営農部長、経済部長などを歴任後に退職し、周りから求められて理事、副組合長を経て代表理事組合長に就任された生粋の農協人です。

その間、常に組合員である農家の事を考えて、生産性の向上や経営の合理化、そして組合員の地位向上等と、まさに一筋に地域の農業と畜産のために、自らを省みず67年間の生涯を奉げた方でした。

本日も組合長を偲んでたくさんの皆様が参列されて、それぞれに最後のお別れを惜しんでおられました。これも本当に人望の厚さの表れです。

私の初めての選挙の時は、未熟さもあり極めて厳しい選挙でしたが、その時に厳しくも優しく導いてくださったのが組合長でした。当選後も、方向性に行き詰ったときに相談をして、的確なアドバイスを頂きました。この御恩は生涯忘れることはありません。

この卓越した責任感と正義感は誰にも真似できるものではありませんが、後に残った私たちに大きな目標と教訓を残してくれました。

本当に残念でなりませんが、組合長の里山を愛し、故郷を愛し、農畜産業を愛し抜いたその思いをしっかりと受け継ぎ、我が国の農政の発展のために更に邁進して、この御恩に報いたいと思います。

皆様も健康にはくれぐれもご留意ください。
# by taku-eto | 2023-01-06 16:58

消防出初式と木材初市

今朝は日向市の自宅を6時30分に出発して、日之影町の消防出初式に出席をしました。

やはり正月は消防出初式から始まり、団員諸君のきびきびとした動きを見て、毎年、大きな力を頂いております。

昨今の日本人は個人主義・利己主義が支配的となる中、団員諸君は、自分の時間を犠牲にし、家庭や職場の理解も得ながら、地域を守るために日々仲間たちと訓練に励まれております。

そして昨年の台風14号の来襲時も大変ご苦労をおかけしましたが、いざ災害発生時には、自身が被災している場合であっても、一身を捨てて地域のために避難誘導や救助活動、危険個所の警戒など幅広い活動に従事して頂いております。

このように日本の消防団は世界に誇る素晴らしい組織です。団員諸君におかれましては、今年も健康を第一に、仲間との絆を大切にして、地域のため愛する故郷のためにご活躍いただくことを心からお願いいたします。

日之影町の次は、五ヶ瀬町の消防出初式に出席をしました。気温マイナス5度の中、ここでも大変素晴らしい規律訓練を拝見させて頂きました。

そして午後は、耳川広域森林組合の木材初市に出席をして、森林環境譲与税の配分見直しや、合法に伐採された木材の流通を促進する「クリーンウッド法」の改正案などを含めた年頭の挨拶をしたあと、セリ人も務めさせて頂きました。

消防出初式と木材初市_a0143152_17002853.jpeg

消防出初式と木材初市_a0143152_17003946.jpeg

消防出初式と木材初市_a0143152_17005164.jpeg

消防出初式と木材初市_a0143152_17010207.jpeg



# by taku-eto | 2023-01-05 16:59

令和5年仕事始め

新春を迎え日頃のご厚情に感謝し、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、今日から仕事始めです。私は最初に、JA宮崎四連の仕事始め式に出席をして挨拶をさせて頂きました。

農協職員の皆様には、常に現場に寄り添い、そして現場の生の声を行政や政治に届けて頂くなど、日本の農業政策の方向性を決める際の重要な役割を担って頂いております。

マスメディアなどから「農業政策は農家や農協のためだ」と言われることもありますが、決してそうではなく、一番に考えることは国民の皆様の生活を守るため、そして何より国民の皆様を飢えさせないことにあります。

私が生まれた1960年頃の農地面積は607万haで自給率は79%、基幹的農業従事者も1,175万人いましたが、今は農地面積が435万ha、自給率38%、基幹的農業従事者も123万人と大幅に減少しています。

ロシアによるウクライナ侵略から10か月余りが経ち、世界的な食料危機が懸念される中、昨年末は、食料安全保障強化に向けた政策大綱を策定し、来年度中には食料・農業・農村基本法改正案の国会提出を目指します。

そのためにも今年は非常に重要な年であり、私も精一杯、努力・精進致しますので、厳しいご指導・ご鞭撻、そしてご意見を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

その後は、門川町と日向市の新年賀詞交換会に出席をして挨拶をさせて頂きました。

令和5年仕事始め_a0143152_18134773.jpeg

令和5年仕事始め_a0143152_18140443.jpeg

令和5年仕事始め_a0143152_18262712.jpeg

令和5年仕事始め_a0143152_18264449.jpeg

令和5年仕事始め_a0143152_18265544.jpeg

令和5年仕事始め_a0143152_18270476.jpeg

# by taku-eto | 2023-01-04 17:26

令和4年御用納め・仕事納め

本日は、役所や官公庁などの御用納めですが、民間企業でも仕事納めの方も多いことかと思います。1年間お疲れ様でした。

また、医療従事者をはじめ年末年始も国民の皆様のために働き続けて下さる方々には、深い敬意と心からの感謝を申し上げます。

さて、今年はロシアによるウクライナ侵略や、北朝鮮の度重なる弾道ミサイルの発射などにより、我が国を取り巻く安全保障環境は厳しさを増しました。更に、新型コロナウイルスの感染拡大も収まりません。

また、3月の福島県沖を震源とする地震や、7月から8月にかけての大雨、9月の台風14号及び15号の来襲、年末寒波による大雪などの影響により、多くの人命や財産が失われました。改めまして、お亡くなりになられた方々に哀悼の意を表しますとともに、被害に遭われた全ての皆様にお見舞い申し上げます。

そして私事ではありますが、母が逝去しました。コロナ禍にあってお見舞いにも行けず、最後を看取ることも出来ませんでした。母親が亡くなるということは非常にきつく、精神的にも参っているところに、心から尊敬し、唯一甘えることが出来る安倍晋三元総理が銃弾に倒れました。

その他にも色々とあったこの1年でありましたが、来年も初心を忘れることなく更なる努力・精進を重ねて参りますので、引き続きご指導を賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

では皆様、良いお年をお迎え下さい。
# by taku-eto | 2022-12-28 16:49