ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

みやざき林業大学校

本日は麻生財務大臣をはじめ関係閣僚が出席して、衆議院 決算行政監視委員会が開催され、令和元年度の予備費に関する質疑が行われました。

質疑終了後に令和元年度一般会計及び特別会計予備費3件の採決が行われ、3件すべて
可決致しました。

さて、今日は宮崎県美郷町にある「みやざき林業大学校」が新しい研修生を迎えました。


この林業大学校は、林業の将来を担う人材を育成するため、平成31年4月に九州で初めて開校し、今年度で3年目となります。

宮崎県や市町村、林業関係者の皆様がサポート体制を組んで研修生をフォローしており、研修生は1年間かけて林業に必要な知識や技能を学び、17種類の資格を取得して卒業後は林業に従事します。

在学中は地元のお祭り「御田祭(おんださい)」に参加するなど地域との交流を深
め、美郷町が学生のために町産「米」をプレゼントしたり、昨年度には地元の木材を
ふんだんに使用した宿舎を新築するなど、
地元とも非常に良い関係を築いています。

先日の夕刊デイリー新聞の記者手帳の欄に「山笑う春」という表現が掲載されていま
した。

中国の漢詩「臥遊録」という書物の中に

春山淡治にして笑うが如く
夏山蒼翠にして滴るが如く
秋山明浄にして粧うが如く
冬山惨淡にして眠るが如し

という言葉もありますが、


この四季折々の素晴らしい山の風景を次の世代に引き継ぐためにも、山への対策をしっかりと行い、収入面も含めて林業が若者にとって魅力のある産業へと発展する様に努力してまいります。



# by taku-eto | 2021-04-19 17:13

食料・農業・農村白書

本日開催された自民党の水産関係会議では「水産白書」が、農林関係会議では
「食料・農業・農村白書」及び「森林・林業白書」の議論が行われました。

白書とは法律に基づいて、直近の動向等について分析し、毎年度国会に報告されるものですが、平たく言いますと、現状や対策・展望などを国民の皆様にお知らせするための報告書です。

コロナの発生により昨年4月7日に緊急事態宣言が発出されて1年が経ちましたが、今回の「食料・農業・農村白書」では、この1年間における新型コロナウイルス感染による影響と対応について、特集として取り上げています。

コロナ禍での外出自粛やインバウンド需要の減少等により、外食産業の売上が減少し、
牛肉、花等の価格が低下したことや、農林水産大臣在任中に行った農林漁業者の経営継続支援、国産農産物の販売促進などの対策等について記述されています。

また、テレワークなど場所を問わない働き方が進み、都市住民の地方への関心が高まっており、就農を希望する人が増えている兆候もあるようです。

この「動き」が一過性のものなのか、それとも長期的なトレンドになるのかは現時点では分かりませんが、推移を注視し今後の農業政策に活用して行きたいと思います。

これから食料・農業・農村審議会での審議を経たのち、来月下旬に国会に提出し、公表される予定ですが、是非、皆さんも農水省のHP等でご覧になってみてください。





# by taku-eto | 2021-04-16 14:16

農地特区延長とマンゴー発売

本日の衆議院本会議において「国家戦略特区法改正案」が可決され、参議院に送付さ
れました。

これは、兵庫県養父市で認めている一般企業による農地取得の特例措置の期限を、本年8月末から2年間延長するものです。

この特例法により農地を取得した企業は6社で、取得面積は全体経営規模の約5,5%にあたる1,65haです。

これを成功事例として、規制改革推進会議は全国展開を主張しましたが、取得でなくてもリース方式で充分ということで、更に2年間延長して検証することになりました。

全国展開は、所有から利用へと進めてきた自民党の農地政策に逆行するものであり、引き続き注視してまいります。

さて、本日、宮崎県が誇るトロピカルフルーツ完熟マンゴーの最高級ブランド「太陽のタマゴ」の販売が解禁されました。

宮崎県産完熟マンゴーの中でも糖度15度以上、重さ350g以上の基準を満たした
選りすぐりのものが「太陽のタマゴ」です。

宮崎県では毎年約1,000tの完熟マンゴーが出荷されていますが、その中でも「太陽のタマゴ」は15%程度しかありません。

本日の初セリでは、2個入り1ケース(約1キロ)が、最高値20万円で落札されま
した。

完熟マンゴーは比較的新しいフルーツというイメージがあるかもしれませんが、宮崎県のマンゴー栽培には30年以上の歴史があります。

栽培に取り組み始めた頃は試行錯誤の連続で、加温する温度・タイミングの研究や完
熟した果実をキャッチするネットの開発、「太陽のタマゴ」のネーミング等のブラン
ド化に生産者と関係者の皆様が一体となって取り組んだ結果、今では宮崎フルーツの
代表として定着するまでに至りました。

生産者の皆様の努力に感謝しながら、この時期しか味わえない濃厚な甘みと香りを楽しみたいですね(^^♪

完熟マンゴーの出荷は7月下旬頃まで行われます。大切な方への贈り物に、ご家族、自分へのご褒美等に、お店で見かけたら是非お買い求めください。

# by taku-eto | 2021-04-15 17:00

日之影町新庁舎落成式

本日は、宮崎県日之影町の新庁舎落成記念式典が行われました。私は衆議院の農林水産委員会等が開催されたため、家内が代理で出席をさせて頂きました。

また、本日は平成28年4月に発生した熊本地震から5年が経過しました。

大きな被害を受けた熊本城は天守閣の復旧工事が終わり、崩落した阿蘇大橋も先月開通するなど、復興の兆しも感じられますが、今なお、400人余りの方々が仮設住宅で暮らしています。

改めましてお亡くなりになられた方々にお悔やみを申し上げますとともに、被災された全ての皆様にお見舞いを申し上げます。

熊本地震では、宮崎県でも最大震度5強を観測し、多数の落石やがけ崩れが発生して
一時約150名の方が自主避難をしました。

日之影町でも震度4を観測しましたが、旧庁舎は、建築から60年以上が経過し、防災拠点施設としての役割が重要な課題となっておりました。

平成17年9月の台風14号では高千穂鉄道の鉄橋2本が流出し、更に庁舎内まで水に浸かり、当時の工藤町長をはじめ職員の皆様が総出で後片付けに追われていた光景が思い出されます。

今回完成した新庁舎は、防災拠点の役割も兼ね備えておりますので、来庁者や職員の皆様の安全と安心が確保され安堵しております。

日之影町は今年で町政施行70周年を迎えました。新庁舎の落成を契機として、益々発展することをお祈り致します。

日之影町新庁舎落成式_a0143152_17173367.jpeg



# by taku-eto | 2021-04-14 17:13

家畜伝染病予防対策検証PT④

本日の本会議において、昨日、決算行政監視委員会で可決された平成28年度、平成29年
度決算が議決されました。

本会議終了後は、4回目となる自民党の
「家畜伝染病予防対策検証PT」を開催しました。

前回、前々回に生産者の方々、団体や県の皆様方からいただいたご意見と、これまでの
PTでの議員各位の意見を基に検証を行い、浮き彫りとなった課題と今後の対応方針について議論を行いました。

次回以降も、さらに議論を深め、家畜伝染病の発生予防とまん延防止に向け、どのような対応が更に必要か検証を続けます。

PT終了後は、最新の米国情勢について意見交換を行う「外交関係」の勉強会に出席した後、

農林関係会議に出席し、
「食料・農業・農村白書」
「森林・林業白書」
「森林・林業基本計画」
「農地等関連施策の見直し」
について議論を致しました。

詳細につきましては、改めて報告をさせて頂きます。

# by taku-eto | 2021-04-13 17:28