ブログトップ | ログイン

江藤拓 日常活動報告

etotaku.exblog.jp

食料安全保障強化政策大綱の策定

本日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で、第102回全国高校ラグビー1回戦が行われ、宮崎県代表の高鍋高校が、鳥取県代表の倉吉東高校に66対0で勝利しました。前回大会に続く初戦突破おめでとうございます(^^♪
この勢いで、シード校である報徳学園(兵庫県)との2回戦も、勝利を掴み取ってください。

さて、本日開催された政府の「食料安定供給・農林水産業基盤強化本部」において、
「食料安全保障強化策定大綱」が策定されました。

この大綱については、自民党「食料安全保障に関する委員会(森山委員長)」で策定に向けた提言を取りまとめ、今月12日に「水産総合調査会」の石破会長他と一緒に岸田総理に対して、年内の策定を求めていたものです。

大綱では自民党の提言を踏まえ、肥料など生産資材の国内代替転換、海外依存度の高い麦・大豆・飼料作物等の生産拡大、米粉の生産・利用の拡大などを継続的に実施していくこととなりました。

そして、財源についても、総理を本部長とする「食料安定供給・農林水産業基盤強化本部」が責任をもって確保する」としています。

今後、この大綱の対策を着実に進めるとともに、現在検討を進めている「食料・農業・農村基本法の見直し」の結果を踏まえ、食料安全保障の強化に向けた施策を抜本的に拡充し、思い切った食料安全保障の強化が継続的に実施出来るよう、しっかりと取り組んでまいります。

食料安全保障強化政策大綱の策定_a0143152_16594077.jpeg

# by taku-eto | 2022-12-27 16:58

農地の在り方について

先週開催された国家戦略特区諮問会議において、国家戦略特区法に基づき実施されている一般企業による農地取得事業を、構造改革特区法に移行するという方針が示されました。

つまり、一般企業の農地取得事業を全国展開することなく、地域の主体性に基づく構造改革特区制度に移行するものであり、自民党「農地政策検討委員会(坂本哲志委員長)」で議論して来た主張を踏まえ、現場の皆様の懸念に十分配慮したものとなりました。

一般法人による農地取得の特例を認める事業は、平成28年から兵庫県養父(やぶ)市において期間限定で実施されており、本特例が、来年8月末に期限を迎えるに当たり、全国展開を求める声もありましたが、農村現場の皆様からは、一般法人による農地取得に対する懸念も多く聞かれました。

一般法人の農業参入については、平成21年の農地法改正によってリース方式が全面自由化されています。また、農地価格は、リースの場合の借賃100年分というデータもあり、現に、兵庫県養父市において法人農地取得事業を活用している法人(6社)においても、経営面積35haのうち、所有面積は1.65ha(約4.7%)に過ぎず、残りの約95%はリースというのが実態です。

こういった状況を踏まえ、自民党としては、法人農地取得事業の全国展開については極めて慎重に検討すべきであると主張してきたところです。

また、農地所有適格法人に対する出資規制の「緩和」についても、自民党「農業経営における資金調達のあり方検討PT(武部新座長)」で、規制を緩めれば外国資本などの農地支配につながる恐れもあると慎重な議論を重ねてまいりました。

その結果、先日開催された政府の規制改革推進会議がまとめた中間報告には盛り込まず、農林水産省は新たに設置した「農地法制の在り方に関する研究会」で引き続き検討していくことになりました。

農地は、我が国の食料供給を支える貴重な資源です。食料安全保障を強化する観点からも、我が国の食料の生産基盤である農地が適正に利用されるよう、これからも責任を持って対応してまいります。

農地の在り方について_a0143152_17034215.jpeg

農地の在り方について_a0143152_17035244.jpeg



# by taku-eto | 2022-12-26 17:02

宮崎知事選挙「河野候補」当選

宮崎県知事選挙は河野俊嗣候補が4選を果たし、私もほっと胸を撫で下ろし、厳しかった選挙戦を支えていただいた多くの支持者の皆様に心から感謝しています。

私は日向の連絡事務所で支持者の皆様と開票見守りましたが、当選確実が報じられた瞬間、事務所の中では皆が手を取り合い、抱き合って、涙を流している方もいました。

私自身もこの選挙戦を通じて学んだことも多くあり、思うところも多くあります。

東国原候補の有権者に対する真剣な姿勢、その熱量は大変なものがあったと実感しています。
熱く思いを込めて伝えることの大切さを痛感しました。

当選確実が出て宮崎市の選挙事務所に入ってきた河野候補は、ハンカチで目を拭っていました。
4期目を迎えるにあたり、その涙を忘れず、感謝の気持ちを胸に職責を果たしてもえればと願っています。



宮崎知事選挙「河野候補」当選_a0143152_23461973.jpeg

宮崎知事選挙「河野候補」当選_a0143152_23465700.jpeg





# by taku-eto | 2022-12-25 23:50

河野候補の応援と結婚式

今朝は、河野候補の選挙カーに同乗して、候補者と一緒に児湯地区の皆様に最後のお願いを致しました。明日はいよいよ投票日です。期日前投票がお済でない方は、是非投票所に足を運んで頂きますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

また午後は、友人の息子さんと、父 江藤隆美の時代に後援会の女性部長として支えて頂き、私に対しても変わらずご支援を頂いている方の孫娘さんの結婚式に出席をしてまいりました。

この友人は、和牛の生産農家で、全国和牛能力共進会(鳥取大会)で農林水産大臣賞を受賞した輝かしい経歴があります。また、衆議院TPP特別委員会の地方公聴会での意見陳述や、私が農林水産大臣時代には、コロナの影響についての生産者ヒヤリングに参加していただくなど、農林水産省内でも一目置かれている存在です。

そんな彼の3人の息子さんのうち、長男は獣医師として活躍しており、何と獣医師免許証は「農林水産大臣 江藤拓」名で交付されているそうで、縁を感じるところです。

そして次男が今回結婚する新郎で、三男と一緒に父親の下で修業をしていますが、学生時代は野球部に所属していただけあって、心身ともに立派な青年です。

また、新婦は笑顔がとても可愛く、心優しい保育士として活躍しており、園児たちに人気があることが良くわかります。

実は、新郎と私の三男が同い年で共通の友人を通じて面識もありますが、私の三男も今年結婚式を挙げましたので、本日は友人夫婦をはじめ、新婦の祖母・ご両親の喜びの気持ちが痛いほど分かり、私自身も大変感動しました。

若い二人に幸あれ(^^♪

河野候補の応援と結婚式_a0143152_17555717.jpeg

河野候補の応援と結婚式_a0143152_17561587.jpeg

河野候補の応援と結婚式_a0143152_17563107.jpeg

河野候補の応援と結婚式_a0143152_17581868.jpeg

# by taku-eto | 2022-12-24 17:53

宮崎県知事選挙「河野候補」の応援

令和5年度農林水産関係予算の大臣折衝も無事に終わり、また「株式会社の農地取得」等についても、一定の目途がつきましたので、ようやく一昨日の最終便で宮崎に戻り、昨日から河野候補の応援に入ることが出来ました。

本日も各地の後援会等に、河野候補の支援のお願いに行かせて頂き、夕刻はお世話になっている企業の謝恩会に出席をして、日頃のご支援に対する感謝と、河野候補へのご支持をお願いしてまいりました。

この会社は、社員やそのご家族らで作るがボランティア団体が、今回の台風14号をはじめ被災地にいち早く駆け付けての復旧支援活動や、定期的な街の清掃奉仕活動、また子度達が安心して通学できるようにとランドセルカバーを新入学児童に贈るなど、枚挙にいとまがないほどの社会貢献をされている本当に素晴らしい会社と社員の皆様です。

今日は会長・社長のお話や、社員の皆様の活動報告などをお聞かせいただき、私も本当に心が温まる思いを致しました、

さて、明日は、朝8時から河野候補の選挙カーに同乗して、河野候補と一緒に、都農町、川南町、木城町、高鍋町、新富町の皆様に最後のお願いをさせて頂きます。

是非、周辺地域にお住いの皆様におかれましては、温かいご声援を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。



# by taku-eto | 2022-12-23 17:34